【注意喚起】J-LODサポートセンターを名乗るウイルスメールについて

 現在、「J-LODサポートセンター」に加え、VIPOの職員の名前を利用したウイルスメールが送られている旨の報告を受けております。
 
 ご存知の名前からのメールだったとしても、すぐに添付ファイルやURLリンクは開かず、本物のメールであるか落ち着いて確認し、ご対応ください。
 
 電子メールへの基本的な対応として、下記を心がけてください。
・身に覚えのないメールの添付ファイルは開かない。URLをクリックしない。
・自分が送信したメールに対する返信に見えても、不審な場合は添付ファイルを開かない。
・信頼できるメール以外では添付ファイルを開いても、「マクロを有効化する」や「コンテンツの有効化」ボタンはクリックしない。
・職場PCで不自然なメールの添付ファイルやURLを開いた場合は、すぐにシステム管理部門などに連絡する。

よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ
特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
e-mail:vipoinfo@vipo.or.jp

次の記事

予算消化率を公表